読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do the right thing

スケートボードとRUNとビールが好きな倹約家。ミニマリストになれるかな?

コンフォートゾーン

こんにちわ。

最近ワクワクしております。ワオワオ。

まっそれは約一年後に分かるでしょう。

頑張れ俺。うん。

さて本題

f:id:shotaro519:20161005233829j:image

「コンフォートゾーン」という理論。

簡単に言えば中心部分が「居心地のいい場所」これが大きくなればなるほど、人として箔がつき、平穏状態。一方周りを囲んでる枠が「アンコンフォートゾーン」ってやつ。大きくするには一歩踏み出そうよとロジックではなく精神論的要素が大きい。勇気が必要だみたいな。

ちょっとしんどいんです。

 

世俗的に考えれば、中心に居たい人が多い。比喩的な意味も込めてね、大袈裟に言えば無敵なスーパーマリオのスター状態になれる訳ですから。ただ「マリオのスター状態は刹那な物」

 

「居心地のいい場所を見つける為の今」って考えたら、「アンコンフォートゾーン」に飛込むべきだよってこと。

 

ただね、これは「目標」が必要です。

 

人間にはどーしても欲があるから、あれもこれもと考えるとずっと「アンコンフォートゾーン」のトランス状態。一生「コンフォートゾーン」にたどり着く事が出来なくなります。まさに「目的が手段になっている」ギャンブルの悪循環に似ています。これは怖い。

 

だから自分の「コンフォートゾーン」を決めて「アンコンフォートゾーン」へ飛込む事が大事って事ですね。って自分なりの解釈です。アウトプット終了。

f:id:shotaro519:20161006125200j:image

映画「GO」でもボクシングに例えて似た様な事言ってるね。こっちの方が分かりやすくてカッコイイ。

 

そんじゃ。