読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do the right thing

スケートボードとRUNとビールが好きな倹約家。ミニマリストになれるかな?

スケートボード〜出会い〜

こんばんわ。少しずつ寒くなってきましたな。

風邪に気をつけて。

僕はというと、肌が荒れております…笑

なんでかな?肌は綺麗で有名だったんですが、

季節の変わり目は気をつけないとね。歳もあるのかな?笑

 

さて、本題。

僕の生活の一部「スケートボード」について、語ろうと思う。

スケートボード」 に出会ったのは小学生の頃

バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見て、衝撃を受け、母に懇願した。

「かぁちゃん、スケボーを買ってくれ!頼む!」

家でゲームをするより、外で遊んだ方が健全だと思ったのだろう。母はあっさり買ってくれた。

僕のファーストボードは

ホームセンターで買った「チキチキマシーン猛レース」の「ケンケン」が描かれている板だった。

f:id:shotaro519:20161016204040j:image

「血飛沫」や「髑髏」など「チープな悪さ」がスケートライクとして用いられることが

多いスケート業界。今もそうかな?

僕は幼いながらそのヤンキー文化が「ださい」と感じた。いや感じれた。これは親の人格形成が上手かったといえる。道徳の違いだ。ありがとう。

だからと言って「ケンケン」がイケてるとは思わなかったが、「マシ」だと思い、それを選んだ。

それからは毎日スケボーに乗った。

家の前で「トリック」と呼ばれるものは何一つ出来なかったが、ただひたすらにPushとチックタックを繰り返した記憶がある

そしてただひたすら1人で滑った。僕の同級生はその頃ゲームや、野球又はサッカーなど大道を貫いていた。厭世的になる気もなかったが、1人で出来るこの「スケボー」が好きだった。

 

一緒に滑る友達は居なかったが、自分家の前に「ツトムくん」という男の子が居た。

「ツトムくん」は僕の同級生の兄、年が離れており僕からすれば大人だった。

ただあまり、いい評判は聞かなかった。万引きをしたとか、暴力沙汰を起こしたり。

そんな悪評ばかり聞いていたが、すごく優しくて大好きだった。

「ツトムくん」は僕が滑っていると家のベランダから顔をだし「あぁしてみ」、「こうしてみ」といつもアドバイスをくれた。僕は唯唯諾諾とスケートをした。出来たらいつも「おぉ!上手くなったね!」と手を叩いてくれた。

僕は褒められたくて夢中で滑った。

何か世俗的な自分を解放するように我武者羅だった気がする。

前出ではあるが、親は常識人だ。それはそれでいい。いまでも感謝している。

矛盾するかもしれないがただ杓子定規になるのを嫌がり、

スケボーで少し「悪さ」を感じれていたのかもしれない。

 

そして3ヶ月ほど経った頃、「ツトムくん」は出てこなくなった。

いつもは出てくる時間になっても出てこず…暫くそんな日が続き

出てこない理由が分かった。

 

悪評が多かった、「ツトムくん」は少年院に入ったのだ。

 

詳しいことは知らないし、聞きたくもなかった。

何しろ、何十年も前のことだからうる覚えだが、確かにそれから「ツトムくん」は見ていない。

それがきっかけになりスケボーは辞めた。前回で出たように「同調圧力」に負けスポーツ少年団

入った。

 

 そこからはスポーツマン一辺倒。

 

高校で水球を始め千葉代表になるまで頑張った。大学は水球の推薦で入った。

そこでもインカレベスト4に入り、無事卒業。水球の縁で知人に紹介してもらった会社に入り、

あっさり社会人になった。

 

それまで15年「スケートボード」には触れず普通の生活を生きた。

 

続く。